Event is FINISHED

MCEdu2016【カンファレンス&ワークショップ見学】

Description
※本チケットはすべてのワークショップの見学をお約束するものではありません。見学の可否は当日各教室の講座担当者にご確認ください。
-----------------------------------------------------------------
MCEdu2016のほかのチケット情報はこちらから

------------------------------------------------------------------

Minecraft + Education = MCEdu

ゲームと教育を並べると、みなさんは全く逆のものという印象を抱くのではないでしょうか?とくに日本では、「勉強」という言葉に象徴されるように、学習は我慢して行うもの、無理やりやらされるものというイメージが強いように思います。反対にゲームは楽しみのために行うもので、だれかにやらされるのではなく自発的に遊ぶものです。

しかし、学習が楽しいものであってなにがいけないのでしょうか?むしろ、自分の意志で楽しく行えるとしたらより学習が効果的なものとなるのではないでしょうか?

そんな問題意識のもとに我々は3年前からマインクラフトを使った教育イベントを企画してまいりました。とくに今年は、MicrosoftによってMinecraftの教育版、Minecraft:Education Editionの開発がスタートされ、教育現場にゲームが入っていく元年となるでしょう。

このような状況のもと、本イベントではカンファレンスとして、ゲームと教育についてさまざまな有識者の方に語っていただきます。実はこの分野は歴史が古く、学習にどうやってゲーム的な要素を取り入れていくかというゲーミフィケーションや、今回のイベントでMinecraftを使って学習するように、ゲームそのものを学習に使う、ゲーム・ベースド・ラーニングという言葉でさまざまな知見が積み重ねられてきています。

また、実際にゲームを通してプログラミングを学んだ方のお話や、親子でのMinecraftを通じた学びの実践、いままさにゲームを使った教育ビジネスを展開している方々のリアルタイムのレポートなどを共有いたします。

本カンファレンスを通じて、これからみなさんが教育現場や家庭でゲームを活用する際の参考になさっていただければと思います。

公式ホームページhttp://www.mcedu.jp



----------------------------

基調講演

----------------------------

テーマ:機能と意味の充足ゲームを通じての現実の社会的構築
- 教育は現実の社会的構築に如何に関与するのか -



要旨:
本発表では、ゲームを現実の社会的構築という側面から取りあげる。そのために「ゲーム」という概念を広義に捉え、ゲームを「約束事として規定される仮想的な状況に対する役割参加或は意味的な参加を通じて、その約束事の内部での目標の達成に向けての達成感の獲得とその為の行為や解釈の結果に関する何らかの承認過程を通じて人々の意欲を協調的な或は競争的な目標の達成に導く仕掛け」と捉える。その上で、ゲームという仮想の約束事の中での活動と、社会の中での制度的な約束毎の二重写しの関係を明確にする。

8/20 15:00-16:30
登壇者:出口 弘
東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授

1986年 東京工業大学総合理工学研究科システム科学博士課程修了
福島大学経済学部助手、福島大学行政社会学部助手、国際大学松下図書情報センター助教授、国際大学グローバルコミュニケーションセン助教授&専任研究員、中央大学商学部助教授、京都大学経済学部助教授、2001年10月より東京工業大学総合理工学研究科
知能システム科学専攻教授、エージェントベース社会システム科学研究センター長を経てとして2016年4月より東京工業大学情報理工学院教授として現在に至る

学位
昭和61年12月 理学博士 東京工業大学総合理工学研究科
平成13年 9月 博士(経済学) 京都大学経済学研究科

専門
主体を含む複雑系、エージェントベースモデリング、ゲーミングシミュレーション、進化経済学、科学基礎論

学会
日本シミュレーション&ゲーミング学会 理事・会長
社会経済システム学会 理事・編集委員長
国際プロジェクト&プログラムマネージメント学会 評議員
科学基礎論学会 理事

----------------------------

講 演

----------------------------

テーマ:現実と情報そして、バーチャル(仮)

8/20 10:30~11:00
登壇者:三淵 啓自
デジタルハリウッド大学 教授



テーマ:マインクラフトによって目覚める子供のクリエイティビティ

8/20 11:00~11:30
登壇者:清水 亮
株式会社UEI 代表取締役社長 兼 CEO

株式会社UEI 代表取締役社長兼CEO。長岡市産まれ。
6歳の頃からプログラミングを始め、高校在学中より3Dプログラミングの雑誌連載を開始。
電気通信大学在学中、米Microsoftでゲーム機向けSDK開発に携わった後、株式会社ドワンゴの立ち上げに参画。現在、株式会社ドワンゴ会長室第三課課長を兼務する。


テーマ:ゲーミフィケーションで育む創造力

8/20 11:30~12:00
登壇者:サムエル・デビドソン
株式会社Night Zookeeper 代表

日本で6年間、英語教師や翻訳会社で従事した後、イギリスから世界に広がる教育ブランド「ナイトズーキーパー」の魅力を日本に伝え、広めるべく起業。グローバル社会を生き抜くために必要な創造力、表現力を育むナイトズーキーパーのコンセプトをベースに、コンテンツの企画プロデュースをしている。


テーマ:ゲームとプログラミング学習のカタチ
- 初学者向け環境とラーニング・スルー・コンテスト -

8/20 12:00~12:30
登壇者:鷲崎 弘宜
早稲田大学基幹理工学部情報理工学科 教授

1976年生まれ。99年早稲田大学理工学部情報学科卒業、01年同大学院理工学研究科情報科学専攻修士前期課程修了、03年博士後期課程修了、博士(情報科学)。02年同大学助手、04年国立情報学研究所助手。05年総合研究大学院大学助手。07年同研究所助教、および、同大学助教。08年早稲田大学理工学術院准教授、および、国立情報学研究所客員准教授。16年同大学教授。再利用と品質保証を中心としたソフトウェア工学の研究と教育に従事。



テーマ:楽しく学べるマイクラ日本語学校

8/20 12:30~13:00
登壇者:堀井清毅
西町インターナショナルスクール

西町インターナショナルスクールに勤務する傍ら、週末や休みを利用しスーパーサイエンスキッズアカデミー校長をはじめとする様々な教育活動に従事。日々マインクラフトを使った画期的な学習方法を研究し、この夏、楽しく学べるマイクラ日本語オンラインスクールを開講。世界各国から生徒を集め、スカイプとマイクラを効果的に利用した課題解決型日本語授業を行っている。



----------------------------
パネルディスカッション
----------------------------

◎テーマ:ゲームと教育

8/20 13:00~13:30


モデレーター:神谷加代
教育ITライター

パネラー:イイジマミキ
The Marsknowledge 株式会社 代表取締役

パネラー:へぼへぼ
「Minecraft で遊んで学べるプログラミングの教科書」著書

パネラー:星野 尚
那須塩原クリエイティブ・ラボ代表


----------------------------
ライトニングトーク
----------------------------
8/20 14:00-15:00(各トーク10分)

◎spigotを使ったマイクラサーバの立て方

スピーカー:藤井文一郎( @bunichiroh )
計算力学で社会人キャリアを開始するが1995年、新規事業で始まったISP事業に参加。
Webアプリケーション開発やオープンソース活用、システム運用とインターネット技術一筋に従事する。現在はPlayStaion Networkの運用業務に従事。プロトコル解析やパケット解析、応答解析といった詳細な事象解明とアプリケーションの高負荷・複雑系テストを得意とする。

発表内容:spigotを使ったマイクラサーバの立て方


◎ゲームと幼児教育の一つの共存の形

スピーカー:つっつクラフト おとうさん
5歳の息子と共に、現実の世界でマイクラ世界の様々なクラフト作業の再現に取り組む「目指せスティーブ!リアルクラフト」という動画シリーズを制作しています。(代表作:羊から羊毛ブロックをつくろう!)

発表内容:
5歳の息子を持つおとうさんが、リアルクラフトの活動を通して感じた、ゲームと幼児教育の一つの共存の形を報告します。


◎なぜ"再び" 「Minecraft×教育」を志すことになったのか。そしてなぜそこに「×地方創生」を加えたか。

スピーカー:inaka
現在TCRSの代表者を務める学生らしき何か。
2011年12月にTCRSを立ち上げ、本年で5周年となる。
個人としては、新しい分野(Minecraft×教育など)の開拓に力を入れている。

発表内容:2013年の夏、私inakaは、一度「Minecraft×教育」の可能性を訴えていました。
しかしながら、状況が悪く共感も得られず、この話は歴史の闇へと消えていきました。
そして今、「Minecraft×教育」が一定の流れができてきました。
そしてその流れを地方にも!とあれやらこれやら考えてるだけの人が今後を語ってみます。


◎同人活動から見た、親子とマインクラフト


スピーカー:宮乃ぺこ

同人活動を始めるきっかけは、マインクラフト。プログラマになったきっかけも、
就職時の自己アピールもマインクラフト。
人生初の海外旅行もマインクラフトイベントのため。
そんなマインクラフトと同人にまみれた人生を送っています。
同人を通して、もっとマインクラフト人口を増やすために、日々活動を行ってい
ます。


発表内容:同人活動から見た、親子とマインクラフト


◎ゲーム実況とプログラミング学習

スピーカー:イシジマミキ
The Marsknowledge 株式会社 代表取締役

発表内容:デザイナーだけどComputer Craftのゲーム実況動画でプログラミング学習が加速したお話。


◎マイクラで資格取得

スピーカー:ねばーくりあー
マイクラの工業動画を作ったり作ってなかったりする人。 情報系の専門学生でプログラミングしたりもする。 マイクラで内定をとった男。 ニコニコ動画URL:(sm25900758)(sm26867460) Twitter:@neverclear86 プロフ絵ははるかなたさんより


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-08-15 09:31:37
More updates
Sat Aug 20, 2016
10:00 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
早稲田大学西早稲田キャンパス63号館
Tickets
【カンファレンス】マイクラ教育の現在と未来 8/20 10:00~16:30 ¥1,000
Venue Address
東京都新宿区大久保3-4-1 Japan
Organizer
MCEdu2016実行委員会
456 Followers